セキュリティソフト

セキュリティソフト

セキュリティソフト

このページは「プロジェクターの使い方の工夫 」の情報コンテンツです。
セキュリティソフト > プロジェクターの使い方の工夫

豆知識

プロジェクターの使い方の工夫

プロジェクターは、ただ大きなスクリーンに資料や映像を投影してくれるだけですが、使い方によって効果的な発表をすることができます。一工夫してみましょう。

スクリーンの使い方を工夫する

スクリーンは、きれいに表示することができますが、必ず必要なわけではありません。たとえば、黒板やホワイトボードに直接投影することで面白い使い方もできます。黒板やホワイトボードに直接表示させれば、映したスクリーンに書き込むことができます。もちろん、長い文章では見づらいですが、マーカーのカラーや影ででき方に注意して、短い単語を書くようにすれば、よりおもしろい授業や発表ができます。映したものと書いたもののバランスが大切で、提示した資料に文字を書きすぎると、伝えたいことがわからなくなります。わかりやすくするには、キーワードで書き込むといいでしょう。

資料の一部を隠して映す

プロジェクターで資料を写す際に、一部を隠すことで、その部分を予想させたり、必要なことだけを提示することができます。隠すことで、発表に集中してもらいやすくなります。余分な視覚情報を与えないことで、知的好奇心がかき立てられます。たとえば、グラフの一部分を隠すことで、グラフがどのような変化をしているのか、予想してもらいます。そして、予想の変化にどうしてなるのか、しっかりと考えますので、より興味をもって聞いてもらうことができるでしょう。

ミニプロジェクターを使って自宅で予行演習をしよう

研修やプレゼンなど発表の場は大変緊張します。緊張を和らげるコツとしては、できるだけ本番と同じような状態で練習することです。プロジェクターを使って本番と同じように発表してみます。資料をめくるタイミング、話す内容、いろいろと改善すべき箇所が見えてきます。ぶっつけ本番だと必ずあたふたしてしまいます。しかし、本番と同じように大きなプロジェクターを持ち出して、練習するのは機器や部屋が他の人に使われていたりと、難しいと思います。

そんなときに利用したいのがミニプロジェクターです。手のひらサイズですから、場所をとりません。自宅の壁に映して、簡単に予行演習ができるでしょう。しっかり練習すれば、本番は間違いなく、よい発表ができるでしょう。

webデザインのプレゼンに使う

こういうSEO対策 大阪のように、SEOに関するweb制作の技術や、webデザインを学べる学校においてプロジェクターは大活躍します。 また仕事において、複数の人間が同時に確認する作業を行う際、簡単なレイアウトの確認だけであればプロジェクターが活用できます。 しかし色は実際のPCで見られる色を十分に再現できない(#eeeといった薄いグレーは表示されない等)ので、確認できるのはコンテンツ内容の確認とレイアウトまでです。 また実際にソフトウェアを起動し、作業する内容もプロジェクターに流して勉強するという方法も便利ですので活用してみてください。

セキュリティソフト 激安通販
ExecutionTime: 141 msec / Memory: 7.6 MB