セキュリティソフト

セキュリティソフト

セキュリティソフト

このページは「プロジェクターのセッティング方法 」の情報コンテンツです。
セキュリティソフト > プロジェクターのセッティング方法

豆知識

プロジェクターのセッティング方法

プロジェクターからの映像をきれいにスクリーンに映すためには、正しい使用法を守ってセッティングする必要があります。

プロジェクターによって部屋の明るさを調整する

プロジェクターを設置するために、いくつか留意すべきポイントがあります。まず、プロジェクターが映し出せる明るさがあります。明るさはlm(ルーメン)という単位で表します。1,000lm以下の場合は、部屋を暗くした方が鮮明に見えます。2,000lmを超えるものなら、少し明るい部屋なら映し出すことができます。3,000lmを超えるプロジェクターは、かなり明るい会場でもきれいに表示してくれるでしょう。

ポケットに入れて運べる、コンパクトなミニプロジェクターは10lmくらいのものが多いので、できるだけ暗い部屋での利用をお勧めします。暗ければ、10lmでもきれいに表示できるでしょう。

解像度の調整

解像度は高いほど鮮明な画像を映し出すことができます。パソコンにプロジェクターを接続して利用する場合は、パソコンとプロジェクターの解像度を同じにして使用すると、きれいに映し出すことができます。解像度が一致していれば、パソコンで見える状態がそのままスクリーンにも表示されます。パソコンの解像度がプロジェクターよりも低いと、スクリーンでは余白ができて表示されます。逆にパソコンの解像度がプロジェクターよりも高いと、アップの状態になり、一部しかスクリーンに表示されません。解像度は合わせるようにしましょう。

スクリーンの映像がゆがんだ場合

プロジェクターでスクリーンに投影する際、台形型にゆがんで表示されることがあります。それはスクリーンに対して、プロジェクターがまっすぐ向いてない場合に起こります。上部が広く、下部が狭くなるような縦の台形型の場合は、プロジェクターの高さがおかしいです。プロジェクターの底面とスクリーンの一番下の部分が同じ高さになるように合わせましょう。左が広く、右が狭くなるような横に台形型になっている場合は、スクリーンの真正面にプロジェクターを設置してください。スクリーンに対して横から光が当たっています。

セキュリティソフト 激安通販
ExecutionTime: 95 msec / Memory: 7.6 MB