セキュリティソフト

セキュリティソフト

セキュリティソフト

このページは「プロジェクターの進化 」の情報コンテンツです。
セキュリティソフト > プロジェクターの進化

豆知識

プロジェクターの進化

一昔前の画っこで使われていたオーバーヘッドプロジェクターは、とても大きく重たいもので、設置の準備も大変でした。現在では当時よりもはるかに機能的に優れたものが、手のひらサイズで販売されています。

ビジネスに欠かせないプロジェクター

プロジェクターといえば、以前は、スライドプロジェクターやオーバーヘッドプロジェクターといった具合に使われてきましたが、最近では、小型のCRT(ブラウン管)やライトバルブに表示された画像を投射レンズによって、スクリーンに拡大投射する装置として解釈されることが多くなりました。プロジェクターに対する評価は、長い間、表示画面が暗い、解像度が低い、色ずれが起こりやすい、とあまり評判のよいものではありませんでした。それが今では、プロジェクターはテレビやビデオの映像を大画面に映し出すビデオプロジェクターとしてだけでなく、パソコンを用いたプレゼンテーションに利用するものとして、会議の必需品となっています。

プロジェクターの仕組み

プロジェクターの基本原理はいたって簡単です。CRT(ブラウン管)プロジェクターの場合は高輝度小型CRTの画像をレンズでスクリーンに拡大投影しているだけです。もちろん、高解像度で高輝度の投影画像を表示するためにいろいろな工夫はされていますが、基本原理という点では簡単で、色も赤、緑、青の3色を重ね合わせることで作り出しています。CRTプロジェクターは、色ずれや画像の暗さなど問題点もありますが、取り扱いが容易で価格も安いので広く用いられています。ライトバルブプロジェクターは、価格は少し高めですが、高解像度で高輝度な画像が得やすいという利点があります。

小型化するプロジェクター

プロジェクターの進化として、画質ももちろんよくなっていますが、小型軽量化が積極的に進められています。最近では、iPhoneなどのスマートフォンの普及によって、スマートフォンで撮影した写真や動画を大画面で見たい、というユーザーの要望も多く、それに応えるべく、手のひらサイズのミニプロジェクターが開発されています。大勢が集まったときに、手軽に大画面でワイワイ楽しめますので、とても便利です。

特徴

ポケットサイズ&手のひらサイズの小型プロジェクターをプレゼンに活用!!

プロジェクターというと今まではノートパソコン級に大きくてゴツくて重いものばかりでした。 しかし最新型のプロジェクターは、なんと手のひらサイズにまで小さくなっています。 これぐらいの簡単なものなら、取引先の会議室にてプレゼンを行う際、手軽にプロジェクターを活用することができますね♪ さて、プレゼン手法や経営コンサルティングを勉強している方は、ぜひこの経営コンサルタントのサイトを見て勉強してみてくださいね。 マーケティングの最新情報や経営コラムといったプチセミナーを見ることができます。

セキュリティソフト 激安通販
ExecutionTime: 87 msec / Memory: 7.6 MB