セキュリティソフト

セキュリティソフト

セキュリティソフト

このページは「プロジェクターの活用事例 」の情報コンテンツです。
セキュリティソフト > プロジェクターの活用事例

豆知識

プロジェクターの活用事例

プロジェクターはいろんな機器と組み合わせることによって、活用の場も広がります。授業、研修、プレゼンなど、どんどんプロジェクターを活用していきましょう。

プロジェクターと他の機器との組み合わせ

プロジェクターは他の機器と組み合わせることによって、その力を発揮するわけですが、組み合わせる機器によって活用の内容も広がります。

プロジェクター+デジカメ・スマートフォン

撮影したものを大きな画面ですぐに確認できるというのが、デジカメやスマートフォンといった撮影機と直接接続する利点ですね。持ち運びが可能なミニプロジェクターならさらにその手軽さが倍増します。小さい画面では、複数人で確認できませんが、プロジェクターを利用すれば、たくさんの人が見ることができます。スピードを重視するには、デジカメやスマートフォンとの組み合わせです。

プロジェクター+実物投影機

実際の作業をプロジェクターに表示するなら、実物投影機が便利です。学校なんかで子供たちに教えるときに重宝します。先生の作業の様子を大きな画面で見て、それをまねしながら作業ができますから、とてもわかりやすいのです。

プロジェクター+パソコン

もっとも一般的な組み合わせでしょう。パソコンに保存してある写真や動画などのデータの投影はもちろん、パソコンで加工した資料も表示できます。プレゼンには定番の組み合わせですね。パソコンをインターネットにつないでいれば、その情報量は無限に広がります。研修や授業などさまざまな状況で使えます。

ビジネスのプレゼンで

複数の人に見てもらうためには、プロジェクターは必須です。自社商品やサービスのプレゼン、研修会などではプロジェクターが活躍します。プロジェクターを使うことで、みんなに顔をあげて前を向いてもらうことができます。資料だけで進めていては、ずっと下を向かれて反応がよくわかりませんね。相手の顔を見ながら説明できますので、効果的なプレゼンを行いやすいのです。

子供たちの授業に

学校や塾で子供たちに教えるときにも、プロジェクターは便利です。事前に資料を準備していれば、黒板やホワイトボードに書く手間も省けますので、時間を有効に活用できます。実物投影機やビデオカメラを利用すれば、作業を実際にやってみせて、その様をみんなに見てもらうこともできます。先生のところに集まってみてもらうのでは、すべての子が見ることはできません。プロジェクターで全員に情報を共有することができます。

ワードキャンプ大阪のような勉強会でも

複数のユーザーが集まるセミナーや講習会、勉強会では、プロジェクターは非常に役立ちます。 例えばこのワードキャンプ大阪の記事にある写真に注目してください。 ここに自宅での勉強会の様子が写っています。プロジェクターを事務所から持ってきて利用しています。 小型だからこそ持ち運びでき、大変便利です。(写真に写っているのはワードキャンプ大阪ではありません、個人での勉強会です)

セキュリティソフト 激安通販
ExecutionTime: 61 msec / Memory: 7.6 MB